1. ホーム
  2. 個人差の対応について
Hair loss clinic Navi

個人差の対応について

カウンセリングを受けている時点で「大体の人が5.6回で完全に脱毛完了します」といった話が出てきます。 脱毛料金でもよく(5回セット)などを見かけますが、この範囲内でも脱毛効果が見られない場合に出てくる言葉『個人差』 ここではその個人差はどのようにすればいいのかをご紹介いたします。

個人差の対応について

エステでもクリニックであっても減耗が上手くいかず脱毛できない事があります。
こういった場合よく言われるのが『個人差』という理由です。
これによって追加で照射回数を増やす事を進められます。
確実に減ってきてはいるがまだ少し毛が残っている場合などは良いかもしれませんが、
その時点で効果を感じれていない場合はこれ以上回数を増やしてもほとんど変わらないでしょう。
これは体質や毛質の個人差というよりは、機械との相性が合わなかったという理由の方が大きいでしょう。
こういった場合、照射回数を使いきってしまうとせっかくの料金がかえってこない場合がほとんどです、決して安いお金ではないのですから、早い段階で毛の減りが悪いなど効果を感じられない場合はどんどんコチラから提案していくようにしましょう。
(最悪の場合、店を変えるなどを検討しないと、時間もお金も無駄になってしまいます)

個人差とはいったいどのようなものなのか?

個人差の対応について

目に見えてわかる個人差としては毛の太さや柔らかさといった毛質が上げられます、
それとは別にアトピーやアレルギー、敏感肌や乾燥肌といった肌質もカウンセリングの時点でわかる個人差です。
ここまでは施術側が気にかける事で改善できる部分なのですが、
パッと見では判断できない個人差というのも存在します、それが毛周期です。
この毛周期は大まかには決まっていますが人によって長さに個人差があります。
しかも同じ人でも身体の部分によって異なります。
毛周期は年齢や新陳代謝などで変化します、若いほど新陳代謝も活発になるのでどんどん新しい毛が生えてくるので照射期間が長くなってしまいます。
次に各場所についてですが、
髪の毛の場合で3~6年、まつ毛や眉毛の場合は3ヶ月、そしてわき毛の場合は剃ったり抜いたりしない場合の毛周期は1~2年半程度かかります。
この毛周期をしっかりと把握して脱毛を行わなければ効果的な脱毛とはいえません。